2021年度の事業運営に関して、テレコミュニケーション教育事業については、顧客満足経営を推進する企業の人材育成を支援し、電話応対コンクール、企業電話応対コンテスト、電話応対技能検定等を実施し、各事業の理解促進と参加勧奨に取組むとともに、事業内容の更なる充実に取組んでいきます。
ICT活用推進事業については、会員及び情報通信サービス利用者向けに、中小企業の経営課題解決に繋がるセミナーや講習会等を開催、加えて標的型攻撃メール予防訓練サービス等を企画・提供し、会員及び情報通信サービス利用者にとって有益な情報を発信していきます。
また、協会ホームページやテレコム・フォーラム誌等の各種媒体を活用し、ユーザ協会の活動内容を広く周知するとともに、電話応対教育に関する取組み状況やICTに関する活用事例等の情報を提供する等、これまで以上に会員や情報通信サービス利用者に合った事業運営に取組んでいきます。

 

1.基本方針

(1)公益事業の持続的発展

テレコミュニケーション教育事業については、電話応対コンクールなど各事業の内容を充実させることにより、より多くの方に活用いただけるよう取り組みます。また、ICT活用推進事業については、新たなコンテンツを盛込むなど更に充実し、会員及び情報通信サービス利用者が抱える課題の解決に資するため、各種セミナーや情報媒体等を通じて情報を発信していきます。

(2)業務運営の適正化(効率化)の向上及び情報セキュリティ・コンプライアンスの強化

地域事業推進部を中心とした業務運営下で、業務の適正化を推進するとともに、情報セキュリティルールを基本に、コンプライアンス確保に向け効果的・効率的な運営を実施していきます。

2.具体的な事業活動

(1)テレコミュニケーション教育事業の拡大に向けた取組み(数値;全国ベースで換算)

  1. 電話応対コンクール全国大会は第60回大会となりますが、未参加企業・事業所への提案活動を推進し、参加者及び参加事業所の拡大を図ります。
    【目標参加者数:10,400名】
    (実績値;2020年度 7,690名、2019年度 10,333名)
  2. 企業電話応対コンテスト・電話応対診断については、マスコミ・各種媒体を活用したPR活動を行うとともに過去に参加経験のある企業へのきめ細かい参加勧奨等により更なる参加企業・事業所の拡大を図ります。
    【目標参加事業所数;470事業所】
    (実績値;2020年度 中止、2019年度 425事業所)
  3. 電話応対技能検定については、4級資格をトリガーに検定事業の知名度向上及び普及拡大に向けた取り組みを強化し受験者の拡大を図ります。
    【目標受験者数;12,700名】
    (実績値;2020年度 8,200名、2019年度見込;12,564名)

【支部・地区協会施策】

  1. 電話応対コンクール県大会は地区代表者を29名とし、開催地は郡山市とします。
    多くの参加者を得るため、会員事業所及び非会員事業所(非会員参加料は有料)に対し、積極的に参加を呼びかけることとします。
    第60回電話応対コンクール全国大会(2021年度リモート開催)には福島県大会優勝者1名を福島県代表としてエントリーします。
  2. 社会人及び企業人として必要なマナー・情報セキュリティ等を習得する目的で「新入社員を含めたビジネスマナー研修会」を開催いたします。

(2)ICT活用推進事業

  1. 「ICT・IoT活用」など企業が抱える課題を解決するため、開催方法を集合方式やオンライン中継・ハイブリット方式により、最新のICTサービス活用実例を盛り込んだセミナーを開催するなど、会員及び情報通信サービス利用者に役立てていきます。
    なお、カリキュラム内容や参加勧奨にあたっては、商工会議所様・商工会様及び情報通信事業者等と連携を図ります。
  2. ICTに関する情報発信については、協会のホームページ、テレコム・フォーラム誌等の各種媒体を通じ、最新の情報通信動向や事例紹介を、情報通信サービス利用者に発信します。

【支部・地区協会施策】

  1. 地域貢献に寄与する事業展開にあたっては、商工会議所様及び商工会様等と積極的に連携を図り、地域に密着した活動を推進してまいります。
  2. ユーザ協会福島支部からの「協会だより」を毎月「テレコム・フォーラム」に封入し、研修会やセミナーの募集及び実施報告など情報の共有化を図ります。

(3)会員サービスの充実

  1. 協会事業内容の紹介活動を積極的に行い、新規会員獲得に取り組みます。
  2. 新規入会促進に新たな会員特典の充実と、機会を捉えた協会事業の紹介活動の充実を推進します。
  3. 「レンタカーリース」「マイカーリース」を会員限定価格でご提供します。
  4. セキュリティ意識向上のため、標的型攻撃メール予防訓練を継続して実施します。
  5. 社員教育向上のため「eラーニング」コンテンツの充実を継続して実施します。

(4)業務品質の向上

  1. 会員管理システムを活用することにより、会員のサービス利用状況や対応状況等を一元的に管理し、会員サービスの充実を図ります。
  2. 組織の統一性を確立するため、業務の更なる標準化を推進します。
  3. 業務スケジュール及びクラウドサーバーの共有化等、業務運営を支える各種情報システムを活用し、業務の円滑化とセキュリティ強化を図ります。

3.協会活動の活性化

支部を中心に各地区協会が合同で施策を企画・実施することで、協会活動の活性化と効率化に努めるとともに、協会組織としての一体感を醸成します。

【支部施策】

  1. 福島支部ホームページ(U・YOUページ)は、旬の情報伝達に心がけ、会員活動の一助に繋がるよう取組んでいきます。
  2. 地域貢献に寄与するため、商工会議所様・商工会様等と、積極的に連携を図り地域に密着した活動を展開します。

【別表】主な支部・地区協会事業スケジュール表(予定)

事業項目
4月 4/6~ ビジネスマナー研修会
5月 第25回支部理事会(書面表決)
5~6月 各地区協会総会(書面表決)
7月 7/21~ 電話応対コンクール事前研修
9月 8/31~ 電話応対コンクール地区大会
9/14~ 電話応対コンクール県大会事前研修
10月 9/29 電話応対コンクール県大会
10/6 全国大会出場選手事前研修
11月 11/2 電話応対コンクール全国大会
12~2月 ◆コミュニケーション研修会
1~2月 ◆コミュニケーション講演会
9~3月 ◆ICT・IoT関連セミナー
◆ICTオンラインセミナー等

※◆:検討中

 

【参考】本部事業

・企業電話応対コンテスト開催スケジュール(予定)

5月1日(土) 申込開始
7月20日(火) 〆切
7月下旬~9月中旬 参加者への電話
10月上旬 審査
11月上旬 報告書の送付
11月 結果発表・表彰式