もしもし検定資格取得|岡田プランニング

poster.jpg

検定の目的

  • 「お客様に喜ばれるビジネス電話応対」の実現/電話応対のエキスパートとして即戦力になり得るチームリーダーの育成
  • ※チームリーダーとは、社内の指導者を指します。

検定機関

  • 財団法人日本電信電話ユーザ協会
  • 「電話応対技能検定委員会」

級別(段階別)資格について

級(段階別) レベル 対象 試験実施日
3級 (初級) 電話応対を日常業務とする中で、一通りの能力を有する。 新入社員・学生 1、3、5、7、9、11月の第1水曜日
2級 (中級) 電話応対を日常業務とする中で、他と際だった能力を有する。 入社4~5年 2、6、8、12月の第1水曜日
1級 (上級) 電話応対を日常業務とする中で、専門家としてチームリーダーとなる能力を有する。 社内の指導者 4、10月の第1水曜日
指導者級
(S級)
電話応対に関する高度な知識、技能を有し、本検定の実施にあたっては、指導官や試験官などの役割を担う。 ユーザ協会ホームページにてお知らせします。
  • ※第1水曜日が祝日の場合、第2水曜日に行われます。
    ※基本的に3級から順に受講・受験いただきます。

    ただし当協会が認定した方に関しては2級からの受験を認めます。
    また、指導経験5年以上の実績がある方は指導者級を受験できます。その場合も必修科目は受講いただきます。

検定料

3級 検定料5,250円
2級 検定料6,300円
1級 検定料7,350円
指導者級 検定料 10,500円
  • ※いずれも消費税込の金額です。

講習料金

  • 3級:1時間2,000円×15時間=30,000円(受講料・テキスト込み・消費税別)
  • 2級:1時間3,000円×15時間=45,000円(同上)
  • 1級:1時間5,000円×15時間=75,000円(同上)
  • ※団体(10人以上)・学生のお申し込みには割引制度あり

各級ごとの検定構成

  3級(初級) 2級(中級) 1級(上級)
教育課程 《必修科目》
・教養ある社会人として欠かせない人格的マナー
・話し言葉・聴くこと・話すこと・気遣うこと
・敬語と言葉遣いの基本
・発声・発音の基本
・電話と対面コミュニケーションの違い
・様々なコミュニケーションと電話メディアの特徴
・個人情報保護法(概要)
【計10時間】
・電話応対の基礎
・電話の受け方かけ方、取次ぎ、
伝言
【計5時間】
・電話応対の応用
・伝え方・聴き方の基本
・日本語の特徴
・電話応対のメディエーションの基礎
・電話応対のアサーションの基礎
・電話応対のカウセリング・コーチングの基礎
・個人情報保護法(応対者事例によるGW
【計15時間】 ※注意
概ね、3年以上の実務経験をもって2級から受験される方は、3級の《必修科目》も上記課程に加え受講をして頂きます
・クレーム電話応対
・クレーム・紛争に関する法的知   

・伝え方・聴き方の応用
・電話応対のメディエーションの応用
・電話応対のアサーションの応用
・電話応対のカウセリング・コーチングの応用
【計15時間】
検定試験 1.実技(ロールプレイ)
2.筆記(四肢択一マークシート問題20問)
1.実技(ロールプレイ)
2.筆記(四肢択一マークシート問題20問+記述1問)
1.実技(ロールプレイ)
2.筆記(四肢択一マークシート問題20問+論述1問+記述1問)
出題範囲 3級教育課程 3級+2級教育課程 3級+2級+1級教育課程
試験時間 1.実技 3分
2.筆記 40分
1.実技 3分
2.筆記 1時間
1.実技 3分
2.筆記 1時間30分
配点 1.実技 100点
2.筆記 100点
1.実技 100点
2.筆記 100点
1.実技 100点
2.筆記 100点
合格基準 実技試験・筆記試験共に7割以上の得点 実技試験・筆記試験共に7割以上の得点 実技試験・筆記試験共に7割以上の得点