そば処 花扇(かせん)

花扇 店内

ごあいさつ



花扇 ( かせん ) は、敷地内水車にて石臼挽きいたしましたそば粉 100 %の純手打ちそばです。
挽きたて、打ちたて、茹でたての三たてにて、おいしくお召し上がりいただけるよう
その日打つ分だけ毎朝そばを挽き、閉店時間ぎりぎりまでそのそばを打ち、
お客様から注文を受けてから茹でたてをお出ししております。

 花扇は、春になれば「桜やすみれ」初夏には「紫陽花やあやめ」など、
お店の名前のとおり窓をのぞけば季節折々の花に包まれ、その時期の自然を感じられます。
是非、そば本来の味とゆったりとした空間と共に、まったりとしたお時間をお過ごし下さいませ。


そばへのこだわり



当店は、水車の動力を利用した石臼挽きでそばを挽いております。
水車のゆったりとした速度がそばの挽くのに丁度よく、また石臼で挽くことで、
そば粉自体に熱を持つことなくそば本来の香りを失わないしっとりとしたそば粉が出来上がります。





■ 石臼挽きの工程 ■

 
玄そばの皮むき  
石臼でそばを挽く  
ふるいにかけてそば粉をこす  
1.玄そばの皮むき

茶色の皮をむくと
緑のそばの実があらわれます。
 
2.石臼でそばを挽く

ゆっくりと時間をかけて
そばを引きます。
   
3.ふるいにかけてそば粉をこす

そばの実の大きさによって、
ふるいを調節しよりきめ細かなそば粉を作ります。
 
 
 
 
石臼挽きのそば粉は、そばの実の緑色を損そこないません。
そばをこねれば、まるで黄な粉のような色とそばの匂いが舞います。


 
Copyright (C) 2007-  KASEN All rights reserved.