もしもし検定(日本語編)

メールなどのツールが全盛になった現在でも、顧客や社内のやりとりで電話応対の重要性は、ますます高まっています。
2009年にスタートした 「電話応対技能検定(もしもし検定)」は、「お客様に喜ばれるビジネス電話応対」の実現、電話応対のエキスパートとして即戦力になり得る社内の指導者の育成を目的とした検定制度です。電話を受ける、かける等の電話応対やビジネスマナー、日本語の基本知識等の従来型の「電話応対教育」に加え、場面や人によって臨機応変に応対することができるコミュニケーション能力を養い、電話応対に生かしていく「新しいコミュニケーション教育」を実施しています。

このページでは、もしもし検定のご紹介として、実際に3・4級に出題された過去問題をクイズ形式で出題しています。
全15問、全問正解を目指してぜひ挑戦してみてください。

目次:日本語 |コミュニケーションツール・電話メディア電話応対マナー法的知識

問1(日本語)

ある特定の商品について、「お宅で取り扱っているか」と電話で問い合わせがA社にありました。A社ではその商品は取り扱っていません。そのことを伝える際の最も適切な一人称の使い方はどれですか。次の中から1つ選びなさい。

  1. 「あいにくわが社では取り扱っておりません」
  2. 「あいにく私どもでは取り扱っておりません」
  3. 「あいにくうちでは取り扱っておりません」
  4. 「あいにく弊社では取り扱っておりません」
解答を表示

正解:2

[解説]

  1. 「わが社」は尊大に聞こえる。お客様に使うのは避けたほうがよい。
  2. 話しことばとしては、「私ども」が最も素直な言い方で適切。「ども」には、複数を表す接尾語としての役割もあるが、本来はへりくだって言うときに使う。「手前ども」という言い方は、一般的には死語になりつつあるが、古い商家などでは今も使われ、間違いではない。
  3. 「うち」という言い方は、雑に聞こえる。
  4. 最近増えてきている言い方だが、「弊社」や「貴社」は、もともとは書きことばとして定着していることば。

問2(日本語)

相手の事情を知らなかったため失礼なことをした場合、謝ることばとして不適切な言い方はどれですか。次の中から1つ選びなさい。

  1. 「そうとは知らず、申し訳ありませんでした」
  2. 「そうとは存じなかったもので、申し訳ありませんでした」
  3. 「そうとは存じませんで、申し訳ありませんでした」
  4. 「そうとはご存じなかったもので、申し訳ありませんでした」
解答を表示

正解:4

[解説]

 敬意の程度は「知らず」→「知りませんで」→「存じませんで」と高くなるが、これは相手によって使い分ければいいと考える。
 4.「ご存じ」だけは尊敬語なので、「自分が知る」意味では使えない。

問3(日本語)

下記の文例のうち、慣用句が正しく使われているものはどれですか。次の中から1つ選びなさい。

  1. 人手はかけたのだが、そこまでは目が回らなかった。
  2. 課長にお願いしたら、一つ返事でOKしてくれたよ。
  3. 藁(わら)をもつかむ思いで、専務にお願いに参りました。
  4. A社に協賛を依頼したら、取りつく島もなく断られた。
解答を表示

正解:4

[解説]

  1. 「そこまでは目が行き届かなかった」が正しい。
  2. 二つ返事でOKしてくれたよ」が正しい。
  3. 藁(わら)は、つかんでも頼りにならないもののたとえ。専務を藁にたとえるのは、たいへん失礼。「藁をもつかむ思いで、チラシ広告のところに電話をしてみた」などのように使う。
  4. 「取りつく暇もなく」と間違って覚えている人が多いので注意。

次の問題:コミュニケーションツール・電話メディアへ